9月08日(土) | 本屋ルヌガンガ

【満席】赤木明登さんおはなし茶会

塗師、赤木明登さんによる「おはなし茶会」を行います。模様のこと、輪島塗のこと、初めてつくった椀のこと、形のこと、今目指している塗りのこと そして今年刊行された「二十一世紀民藝」のことなどなど、お話をうかがいます。 参加料:2,000円(ワンドリンク込)
受付停止
【満席】赤木明登さんおはなし茶会

日時・場所

2018年9月08日 16:00 – 17:30
本屋ルヌガンガ, 日本、〒760-0050 香川県高松市亀井町11−13

イベントについて

塗師、赤木明登さん。

1962年岡山県生まれ。中央大学文学部哲学科卒業後、編集者に。

漆藝家の角偉三郎(かどいさぶろう)さんの漆と出合ったことで、

縁もゆかりも無い輪島へ、奥様と1歳の百ちゃんとともに移ります。

輪島塗の下地職人・岡本進さんのもとで修行後、1994年、独立。

一年前に、赤木さんがつくった椀を風呂敷に包み訪れた

西麻布にある器屋「桃居」で個展を開きます。

輪島塗りといえば、ツルピカで豪華絢爛の蒔絵がある漆器を

イメージされる人も多いと思いますが、

赤木さんが初めてつくったものは、

艶をおさえた無地の静かな椀でした。

 

その後も、それまでの漆のイメージとは違う

日々の暮らしに寄りそったうつわを作り続けています。

ここ数年、模様を入れたものを見かけるようになりました。

模様といえば、

香川県の伝統工芸である漆芸の三技法(蒟醬、存清、彫漆)は

模様とは、きってもきれないもの。

赤木さんは、「形の素」という本で

「彫漆」が施された五段重箱・重台を紹介されています。

模様のこと

輪島塗のこと

初めてつくった椀のこと

形のこと

今、目指している塗りのこと

そして、

今年、刊行された「二十一世紀民藝」のこと

などなど、お話をうかがいます。

このイベントをシェア