2月01日(土) | 本屋ルヌガンガ

満席:移り住むこと『彼岸の図書館』刊行記念トーク ルチャ・リブロ×太田明日香

小さな村に移住し、人文知の拠点となる図書館「ルチャ・リブロ」を作った1組の夫婦の営みを、内田樹さんらとの対談を軸に描いた『彼岸の図書館』の刊行記念トークイベント。「ルチャ・リブロ」のお二人と、本書にも登場するライターの太田明日香さんによる対談です。参加料:2,000円(ワンドリンク込)
受付停止
満席:移り住むこと『彼岸の図書館』刊行記念トーク ルチャ・リブロ×太田明日香

日時・場所

2020年2月01日 19:30 – 21:00
本屋ルヌガンガ, 日本、〒760-0050 香川県高松市亀井町11−13

イベントについて

 満席の場合はキャンセル待ち予約できますので、お申し込みフォームに入力ください。その直後に確認メールが届かない場合は当店までご連絡先(電話番号)をお教えください。 

『彼岸の図書館』(出版社の紹介ページより)

命からがらたどり着いた奈良県東吉野村でぼくたちが始めたのは、自宅を図書館として開くことだった――「人文系私設図書館ルチャ・リブロ」という「実験」のはじまりとこれから

 ------ 

古代地中海研究者の夫・真兵と、大学図書館司書の妻・海青子。夫婦そろって体調を崩した4年前、都会から逃げるようにして向かったのは、人口わずか1700人の奈良県東吉野村。大和の山々の奥深く、川の向こうの杉林の先にある小さな古民家に移り住んだ2人は、居間に自らの蔵書を開架する「人文系私設図書館ルチャ・リブロ」を開設します。 訪れるさまざまな人たちとの対話を重ねるうち、「ルチャ・リブロ」は単なる私設図書館を超え、山村における人文知の拠点へと発展していきます。  本書は、青木夫妻が移住を決意してから「ルチャ・リブロ」を立ち上げ、「土着人類学研究会」を開催しながら、現代社会の価値観に縛られない「異界」としての知の拠点を構築していくまでの「社会実験」の様子を、12の対話とエッセイで綴る、かつてない「闘う移住本」です。

 ------ 

【対談者】 内田樹(思想家・武道家)/光嶋裕介(建築家)/神吉直人(経営学者)/坂本大祐(デザイナー)/東千茅(耕さない農耕民)/太田明日香(ライター)/野村俊介(茶園経営)/小松原駿(蔵人)/鈴木塁(ウェブ制作) 

------ 

【登壇者プロフィール】

青木真兵(あおき・しんぺい)

1983年埼玉県浦和市に育つ。人文系私設図書館ルチャ・リブロキュレーター。古代地中海史(フェニキア・カルタゴ)研究者。関西大学大学院博士課程後期課程修了。博士(文学)。2014年より実験的ネットラジオ「オムライスラヂオ」の配信をライフワークにしている。現在は、障害者の就労支援を行いながら、大学等で講師を務めている。奈良県東吉野村在住。 https://lucha-libro.net/ 

青木海青子(あおき・みあこ) 

1985年兵庫県神戸市生まれ。人文系私設図書館ルチャ・リブロ司書。約7年の大学図書館勤務を経て、夫・真兵とともにルチャ・リブロを開設。2016年より図書館を営むかたわら、「Aokimiako」の屋号で刺繍等でアクセサリーや雑貨を製作・販売したり、所々でイラストを描いたりしている。奈良県東吉野村在住。

太田明日香(おおた・あすか)

1982年兵庫県淡路島生まれ。フリーランス編集者、ライター。いくつかの出版社に勤めたのち、書籍を中心に関西で仕事をする。 著書に「愛と家事」(創元社、2018年)。現在、「仕事文脈」(タバブックス)で「35歳からのハローワーク」を連載中。

受付停止

このイベントをシェア