2月15日(金) | 本屋ルヌガンガ

【残席1】言葉から紡がれるダンス「 Dialogue and Dance」

観客から言葉がダンサーに渡される。内容についていくつかの対話ののち、 言葉に隠れているメッセージやエッセンスからダンサーはおどりを紡ぎだしてゆく。踊りが「生まれる」瞬間を目撃する、新しいダンス体験です。 ダンサー:カタタチサト 料金:1,500円
受付停止
【残席1】言葉から紡がれるダンス「 Dialogue and Dance」

日時・場所

2019年2月15日 19:30 – 21:00
本屋ルヌガンガ, 日本、〒760-0050 香川県高松市亀井町11−13

イベントについて

-PROFILE-

カタタチサト(堅田 知里)ダンサー/演出家/DanceBonBon主宰

舞踏とモダンダンスをベースに、ダンサーとして約20年のキャリアを持つ。踊りだすと、何でもない空間をたちまち異世界に変える存在感は、海外でも高い評価を得た。近年は、身体表現の自由さやアートの創造性を身近に感じられるワークショップやイベントを各地で開催している。http://dancebonbon.com

---

1973年、高知市生まれ。5歳より、内山時江モダンバレエ研究所にてモダンダンス、バレエの基礎を学ぶ。日本女子体育短期大学 体育学部 舞踊科卒業。

舞踏を和栗由紀夫(舞踏の創始者・土方巽直系の舞踏家で、言葉を通して身体イメージを喚起する「舞踏譜」を発表)に師事。”和栗由紀夫+好善社”に6年間所属し、ほぼ全作品に主要ダンサーとして出演。制作補助やワークショップアシスタントも務める。2000年 ”東雲舞踏”結成メンバー 。第3世代舞踏グループとして注目を集め、国内公演や、海外フェスティバル参加多数。2006年まで在籍。

フリーのダンサーとしても1998年より活動開始。舞踏やコンテンポラリーダンス、演劇の舞台へ出演する他、PVや映画、イベント出演も多数。またイベントの開催や振付・演出、舞台制作等も行う。主宰するDanceBonBonでは、様々なジャンルのパフォーマー・アーティスト達と、コラボレーションによるイベントやワークショップを行う。劇場ではない場所で、訪れた人が自然におこした行動がアートにつながる、ライブ空間を創出。一般の方からアート関係者まで幅広い層に好評を博している。

2011年四国移住後は、感じて動くからだの面白さ・奥深さを伝える「身体表現レッスン」のほかにも、美術館で作品をモチーフにおどる「カタタチサトと美術館でおどる」、多ジャンルの身体知の共有からスタートした「舞活!」の開催、学校教育での「創作ダンス法」講師、アートな保育を行う高松市の派遣事業・芸術士など、ワークショップも多く行っている。

2017年には、高松市常磐町商店街の閉鎖中の大型施設で、空間を利用した新作公演を上演。クラウドファンディングも成功させ、国際的に活躍するアーティストと地元アーティストとの共同滞在制作「ぬぐいぬち in REGIDENCE」を経て開催した。

photo: Kiyoharu Mochizuki

受付停止

このイベントをシェア