12月12日(日) | 本屋ルヌガンガ

現代短歌との20年。歌人・黒瀬珂瀾をお招きして。

今年、第四歌集『ひかりの針がうたふ』で若山牧水賞を受賞され、デビュー作『黒耀宮』も復刊された歌人の黒瀬珂瀾さんをお招きし、お話を伺います。歌業20年の振り返りから、現代短歌について、今考えていることについてお伺いします。 短歌へのアドバイスと質疑の時間も設けますので、アドバイスをご希望の方は自作をご用意ください。サイン会も併せて行います。参加費:1,500円+1 drinkオーダー
現代短歌との20年。歌人・黒瀬珂瀾をお招きして。

日時・場所

12月12日 19:30 – 21:00
本屋ルヌガンガ, 日本、〒760-0050 香川県高松市亀井町11−13

イベントについて

【登壇者プロフィール】

黒瀬珂瀾

1977年、大阪府生まれ。春日井建に師事。歌集に『黒耀宮』(ながらみ書房出版賞)、『空庭』、『蓮喰ひ人の日記』(前川佐美雄賞)。第四歌集『ひかりの針がうたふ』で、第26回若山牧水賞受賞。未来短歌会選者、読売歌壇選者。富山市の願念寺住職。

【コロナ対策について】

新型コロナウイルス感染の現在の状況を踏まえ、感染予防と流行拡大防止のため以下の対策を実施いたします。

・通常より少ない定員での実施となります。 

・発熱症状(目安として37.0度以上)など体調がすぐれない方の参加はお控え願います。

・手指用の消毒液を入口に設置しております。 

・マスク着用の奨励、希望者へのマスクの配布をしております。

・咳エチケットと手洗いを推奨いたします。

このイベントをシェア