5月20日(日) | 本屋ルヌガンガ

【満席】パラダイス仏生山2016」上映会 + トーク

2014 年から2016 年の3年間にわたって、劇団ペピン結構設計と仏⽣山まちプランニングルームによって制作された『パラダイス仏⽣山』は、参加者がまちを巡り、そこに暮らす⼈や景色に触れながら、土地の暮らしと今、そこで生きている人々の物語を体験する演劇まちあるきです。 今回は、2016年に上演された演劇作品のドキュメンタリー映像をご覧いただきます。上映後、劇団ペピン結構設計のメンバーによるトークを行い、パラダイス仏生山が生まれた経緯や、作品が変化していったプロセスをご紹介。まちを巡る多層的な物語について、ゲストや来場者の皆さまと語り合います。 参加費:1,000円(ドリンク付)
受付停止
【満席】パラダイス仏生山2016」上映会 + トーク

日時・場所

2018年5月20日 19:30 – 21:30
本屋ルヌガンガ, 日本、〒760-0050 香川県高松市亀井町11−13

イベントについて

〇パラダイス仏生山とは

Paradise is here―

香川県高松市中心部から「ことでん」で約20 分。かつて芝居⼩屋や競馬場もある門前町として栄えた郊外の住宅街・仏⽣山。その静かで穏やかな佇まいの奥には、ふしぎな成り立ちの地形や現代まで⾵景として残る伝説、そして何気なくも「パラダイス」な⼈々の⽇日常がありました。

2014 年から2016 年の3年間にわたって、劇団ペピン結構設計と仏⽣山まちプランニングルームによって制作された『パラダイス仏⽣山』は、参加者がまちを巡り、そこに暮らす⼈や景色に触れながら、土地の暮らしと今、そこで生きている人々の物語を体験する演劇まちあるきです。

〇ぺピン結構設計 プロフィール

1999 年結成、横浜を拠点に活動。一貫して「場所」から⽴ち上がる作品づくりにこだわる。北九州の商店街リノベーションの過程で制作された移動型演劇『対岸の⽕事』(2012)やアーケード撤去をテーマにしたアートプロジェクト『ファンタスティック・アーケード・プロジェクト』(2013‑14)、スナック街を⼦どもの遊び場として開くパフーマンス作品『さかさまなかやま』(2015、横浜)、リサーチから5年間かけて制作されたワーク・イン・プログレス作品『パラダイス仏⽣山』(2013‑2016、高松)など、演劇からアートプロジェクトまで横断的に手がける。 http://pepin.jp

このイベントをシェア