4月29日(日) | 本屋ルヌガンガ

満席【追加公演】演劇「エンデのための鏡と時間の影」コキカル

ミヒャエル・エンデは「MOMO」や「はてしない物語」を書いたドイツの児童文学作家です。でも、『屋根裏に劇場作ってしまうような演劇少年だった』って、一体どれだけの人が知っているのでしょうか。エンデ作品には至るところに演劇的なモチーフが散りばめられています。迷宮のような作品群に着想を得て、30分の演劇作品にしてみます。エンデの作品が似合う本屋で一緒に観劇体験してみませんか。終演後、出演者を交えての交流会もあります。作・構成:コキカル ーコキカルは身体の動きや音楽を使った演劇をお届けしています。ー *料金: 1,000円(1ドリンク付)  *定員20名(予約制)  出演: 桐子カヲル/三嶋孝弥
受付停止
満席【追加公演】演劇「エンデのための鏡と時間の影」コキカル

日時・場所

2018年4月29日 19:30 – 21:00
本屋ルヌガンガ, 日本、〒760-0050 香川県高松市亀井町11−13

イベントについて

制作協力:シアター・デザイン・カンパニー

——————プロフィール————————

・コキカル

2009年に桐子カヲルが作品を創作するために立ち上げ、2012年〜香川県を拠点に活動中。

言葉だけに頼らず、身体の動きや音楽を使った演劇が特徴。

2017年4月には多度津町に縁のある作家、北原白秋に関する作品「白秋と夫、その妻とすずめ」を古民家カフェで行う。観客や関係者に町内外の人々を巻き込み、音楽、映像を用いて、カフェを劇場化し、好評を得る。『アート演劇』とも評された。

2018年は「劇場でも、カフェでも、本屋でも、人が集まればそこに演劇はある」を掲げて、小作品を発表する予定。

コキカル HP http://coquecal.wixsite.com/coquecal

Facebook https://www.facebook.com/coquecal/

twitter @coquecal

・桐子カヲル 

大学在学中から不条理劇やパフォーマンス色のある「言葉だけに頼らない演劇」に触れ、身体と表現の密接さに魅了される。大阪の演劇パフォーマンスカンパニーにパフォーマーとして所属後、2009年にコキカルを立ち上げ、これまでに7作品の企画、構成、出演などを手掛ける。コキカル主宰/芸術士®/香川県出身

・三嶋孝弥

大学入学を機に演劇とコンテンポラリーダンスを始める。長身としなやかな動きを武器とし、所属劇団内外を問わず様々なジャンル・作品に出演。2018年2月には自主公演を行い、脚本・演出を担当。色々な人と一緒に演劇の可能性を探っている。株式劇団マエカブ・劇団conflux所属

ーーーーーー

【関連図書】

・MOMO

・鏡のなかの鏡ー迷宮

・影の縫製機

ーーーーーーー

このイベントをシェア