7月06日(土) | 本屋ルヌガンガ

みんなで話そう:座談会「うちの子の好きな絵本」

こどもはおもちゃも食べ物も着るものも、そして絵本も。 お気に入りが必ずあります。かなりこだわります。それが個性でもあります。どんな絵本がどんな風にすきなのか、「うちの子の好きな絵本」を聞かせてください。講師:平野公子からは、3番目の娘の一年間なんと同じ本しか興味もたなかった時の話をさせていただきます。 ■参加費:1000円■人数:先着予約8名■持ち物:うちの子の好きな絵本■進行役:平野公子 (ひらのきみこ) メディアプロデューサー、最近の本の企画 壺井栄「ふたりの手紙」鳥海修「文字を作る仕事」渡辺有子「料理と私」関わった本 二階堂和美「負うて抱えて」 /写真は相方の装丁家平野甲賀と小豆島の家
受付停止
みんなで話そう:座談会「うちの子の好きな絵本」

日時・場所

2019年7月06日 10:30 – 12:00
本屋ルヌガンガ, 日本、〒760-0050 香川県高松市亀井町11−13

イベントについて

司会進行役プロフィール

平野公子 (ひらのきみこ) メディアプロデューサー

1945年東京生まれ。20代から演劇制作をかわきりに展示、書籍、ライブなどの裏方を仕事にしてきた。

2005-2013年東京神楽坂で小劇場シアターイワト運営

2014年香川県小豆島に移住。2019年高松に移動。マルテの学校と女木島で会いましょう始動。

こども3人孫2人

写真は相方の装丁家平野甲賀と小豆島の家の縁側

このイベントをシェア