3月18日(水) | 本屋ルヌガンガ

ローカルメディアの最前線 影山裕樹トーク

ローカルメディアの専門家として全国でメディアづくりのサポートをしつつ、ウェブマガジンedit localを運営し各地のメディアづくりのプレイヤーをつなぐ影山裕樹さんに、ローカルメディアの最前線を伺います。参加費:1,000円
受付停止
ローカルメディアの最前線 影山裕樹トーク

日時・場所

2020年3月18日 19:00 – 20:30
本屋ルヌガンガ, 日本、〒760-0050 香川県高松市亀井町11−13

イベントについて

登壇者プロフィール   

1982年、東京生まれ。編集者、文筆家、メディアコンサルタント。”まちを編集する出版社” 千十一編集室 代表。アート、カルチャー書の出版プロデュース、ウェブサイトや紙媒体の編集・制作、執筆活動の他、全国各地に広がる地域×クリエイティブ ワークショップ「LOCAL MEME Projects」の企画・運営、ウェブマガジン「EDIT LOCAL」の企画制作、オンラインコミュニティ「EDIT LOCAL LABORATORY」の企画運営など幅広く活動を行っている。著書に『ローカルメディアのつくりかた』、編著に『あたらしい「路上」のつくり方』など。ダイヤモンド・オンラインにて「コミュニティメディアのつくりかた」連載中。

このイベントをシェア