5月01日(水) | 本屋ルヌガンガ

『令和は瀬戸内から始まる』出版記念トークショー

香川県在住の作家・学芸員の佐々木良さんによる、「元号」と「瀬戸内」を題材とした一冊『令和は瀬戸内から始まる』の刊行記念トークイベントを行います。イベント後、サイン会も行います。 参加料:500円(ワンドリンク込)
受付停止
『令和は瀬戸内から始まる』出版記念トークショー

日時・場所

2019年5月01日 19:30 – 21:00
本屋ルヌガンガ, 日本、〒760-0050 香川県高松市亀井町11−13

イベントについて

『令和は瀬戸内から始まる』

元号とは何か。いよいよ「令和」が始まる−。

幕末には元号候補「令徳」「令」の字を使った唯一の元号候補でした。

この時は、徳川家に命令すると読めることから、幕府が拒否しています。

そして、幕府政治が終わると「明治」の幕が開けようとする頃、

明治天皇は即位礼の日に合わせ、勅使を瀬戸内・香川に向かわせます。

勅使が京都に帰ってきた翌日に、明治天皇のくじ引きによって、新しい元号「明治」が引き当てられます。

なぜくじ引きだったのか、なぜ瀬戸内だったのか。「令和」に繋がる元号史と、ノンフィクションの人間ドラマです。

-----

佐々木良 (ささきりょう)

学芸員、作家。日本国史学会。

昭和59年生。京都清華大学芸術学部卒業。

工芸家の祖父のもと、幼少期から制作を始める。

油絵を専門としながら、漆芸の制作にも注力する。

大学卒業後は、地中美術館に従事し、豊島美術館においては設立メンバーとして携わる。

京都現代美術館の学芸員を経て、現在、フリーランスで国内外の展示会を手がけている。

2018年『美術館ができるまで』(啓文社書房)を出版。

受付停止

このイベントをシェア