11月09日(土) | 本屋ルヌガンガ

【トーク】平野甲賀「装丁や本のこと」

日本を代表する装丁家・平野甲賀。その独特の描き文字は、一目見れば平野さんの作品と分かるほど。書店の棚を眺めていれば必ず平野さんの装丁に行き当たる、と言うほど数え切れないほどの本を手がけられています。そんな平野さんが、装丁のこと、本のことについてお話しされる大変貴重なトークイベントです。(聞き手 小林繭子)【参加費】1,500円(1ドリンク込)
受付停止
【トーク】平野甲賀「装丁や本のこと」

日時・場所

2019年11月09日 19:30 – 21:00
本屋ルヌガンガ, 日本、〒760-0050 香川県高松市亀井町11−13

イベントについて

平野甲賀(ひらの こうが)

1938年生まれ。装丁家、グラフィックデザイナー。

武蔵野美術学校デザイン科卒業。高島屋宣伝部を経てフリーとなる。

1964年から晶文社の装丁を手がける。また演劇集団黒色テントの活動に長く携わる。

73年「ワンダーランド」創刊。78年「水牛通信」「水牛楽団」参加。

84年「講談社出版文化賞」ブックデザイン賞受賞

現在高松在住 ブックマルテ「マルテの学校」文字の勉強講師 

受付停止

このイベントをシェア